2019 年8 月2 日、第17 回ChinaJoy(上海、CHINA DIGITAL ENTERTAINMENT EXPO &CONFERENCE)にて、十二棟社のデリバティブ・ブランド「BC12」の成立を正式に発表しました。

「創造生命力」(IP デリバティブに生気を与え、お客様に元気と活力をもらたす)は「BC12」のスローガンとして、魂と生命力のある製品を目指しています。

「BC12」の中の「B」はBright の略称で、輝き・楽しさ及び生命力を表しています。「C」はCreativeの略称で、アイディア及び創造力を表しています。

そして、「B」と「C」、「1」と「2」は十二棟社の略称だけではなく、「BC12」の製品とお客様との緊密な繋がりも表しています。

「いつでもどこでもお客様のそばに伴い、お互いに励まし、一緒に成長すること」が「BC12」のコンセプトとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ChinaJoy 会場に、十二棟社が百以上のぬいぐるみで作った「ぬいぐるみミュージアム」の展示ホールは、来場者の注目を集め、撮影スポットとして大人気でした。

十二棟社のCOO である乱乱は「中国で足りないのは優れたデザイン及び生産力ではなく、デザインと生産を合わせて一つのブランドとして運営することです」。

「十二棟社は「Madein China」を「Create in China」への改革に力を捧げ、SPA 戦略を用いて全産業の発展を促進したいと考えています。

「IP デリバティブの未来はおもちゃに限らず、少しずつIP 化された生活にも期待されます。

「BC12」は「生命力、創造力、共同成長」のコンセプトがあるデリバティブを目指しています。」と語りました。

 

IP 産業チェーンへ先攻

十二棟社はIP 産業チェーンを開拓するため、「BC12」の成立をきっかけに、「生産‐物流倉庫」だけの古い産業チェーンモデルを改良し、前期の製品企画と後期の販売企画という二つの環節を補足し、健全なるモデルを目指しています。

十二棟社は「製品企画・開発‐生産‐物流倉庫‐販売」を一体化して、製品の企画から、生産、販売まで、より健全なモデルを組立てながら、IP 産業チェーンの各環節を連携し、製品の流通効率を大きく高めます。

そして、「BC12」はこの産業チェーンの一環として、LLJ 店舗を支えます。「BC12」の成立は十二棟社が本格的に全IP 産業チェーンへ一歩を踏みだしたことも表しています。